SEOの学校・フォトスクール.jp・アフィリエイト|札幌

sonotamo.com

sonotamo.com ただいまリニューアル中! たま〜に記事が途中だったりします笑

SEOの学校

【SEO】無料でできる手順表!あなたもチェックしてみよう!

更新日:

学ぶくん
ブログのアクセスが全然上がんない〜泣

うむ
師匠

学ぶくん
サイトのアクセスが全然上がんない〜泣

うむ
師匠

学ぶくん
ど〜すればいいの〜泣

SEOを勉強だな
師匠

学ぶくん
エスイーオー???

 
このページはSEOという言葉を聞いたけどよくわからない方を対象にした、SEOのざっくりした流れを紹介した手順表です。

SEOの全てが書いてあるわけではないのですが、あくまでこんな順番で考えて行くんだよという覚え書きのようなものです。

今後SEOを勉強したい初心者さんの苦手意識が少しでも解消しお持ちのサイトへのアクセス向上に少しでも繋がる参考になれば幸いです。

 

SEOを進めでいく上での注意点

注意点を守るのです!
師匠

学ぶくん
SEO???注意点???

 

必ず水掛け論や思い込みをしない

重要度
何はともあれWeb集客を今後うまく進めていく上で必要なものは「水掛け論」や「思い込み」はしないという心です。どんな時でも必ず自分の考えが正しいとは限らず、ましてやお客さま(ユーザー)が使っている言葉などの違いは多々あります。安易な気持ちで「こっちの方が売れそう!」とか「このキーワードの方がかっこいい」などと無闇に考えないように注意する必要があります。

勝手な思い込みしない!
師匠

学ぶくん
勝手にキーワード決めてた!

 

必ず数字(データ)の情報確認をする

重要度
Webの良いところは、ほぼほぼ数字(データ)でわかるというところです。これがしっかりはっきりわかればユーザーの行動フローがわかりますので、水掛け論がWeb上ではいかに幼稚かわかります。一つ一つの改善をするときにはその数字(データ)を見ながら進めましょう。もちろんSEOがわかればユーザーが使っているキーワードもわかりますよ〜。

データを意識!
師匠

学ぶくん
適当にブログ書いてた!

 

簡単なペルソナを考えましょう

重要度
「ペルソナ」を設定するのはSEOの学校でも最初に必ず行う項目です。このユーザー像が狭ければ狭いほど売れると言っても過言ではなく、曖昧すぎると思っているような反応は感じられないと思います。しっかり「ペルソナ」を作りましょう。

誰に届けたいか意識!
師匠

学ぶくん
全国のみんなに読んで欲しいと思ってた!

 

SEOの基礎的な抑えたいポイント

キーワードを決める

重要度
SEOを成功させる最初の大きな壁は「キーワード」を決めることです。ただ闇雲に上位を取ることではありません。この「キーワード」とはユーザーが検索窓に打ち込むキーワードと捉えておきましょう。つまりあなたのユーザーにしているお客さまがどのようなキーワードで検索してくるかをしっかりと決めないと、今後の作業がすべて正しい方向に行かない可能性が大きくありますので注意しましょう。

キーワードは絞る!
師匠

学ぶくん
とりあえず思いつくの10個くらい入れてた!

 

深層心理をリサーチする

重要度
まず手始めにやってほしいことは単純です。あなたのサービス(自社商品や関連商品など)に合うキーワードを、思い当たるものでいいのでそのキーワードを検索してみましょう。その検索結果はあなたが思っていた予想通りの答えになっているでしょうか?ユーザーは誰もが検索上手ではないので、表面的なキーワードで検索してくる傾向があります。しかし本当の意味のキーワードはそのキーワードではないかもしれませんので、ユーザーの持つ深層心理をしっかりと考えてキーワードに落とし込むことが大事です。

みんなが検索上手ではないよ
師匠

学ぶくん
深層心理なんて考えもしなかった!僕と同じ気持ちじゃないの?

そうかもしれないし、そうじゃないかもしれないよ。
師匠

学ぶくん
適当に毎日更新じゃ良くないのかもしれない…

 

検索回数を調べましょう

重要度
次の作業は、決めたキーワードの検索回数を調べるようにしましょう。あなたのせっかく決めたキーワードでしたが、実は誰もそのキーワードで検索していなかったら待てど暮らせど検索エンジンからユーザーは来ないでしょう。なので決めたキーワードの月間検索回数など調べるクセをしっかり身につけましょう。

学ぶくん
検索回数なんて思いもしなかった!!!

回数も多ければ良いわけではなく、ページ内容に合ったキーワードでなければいけないよ。
師匠

 

ライバルを調べましょう

重要度
次の作業は、決めたキーワードで検索したときに、同じようなことを書いている「ライバル」がどれくらいいるのかリサーチしてみましょう。この作業も簡単で、決めたキーワードで検索して出てきたページを読んでいきましょう。ちなみに私はTOP50ページくらいは読んでみます。その際、このキーワードで行くかどうかを判断する、マーケティングリサーチをします。

学ぶくん
他のページなんて見たことない!絶対僕の方がいいこと書いてるもん!

他のページをたくさん見て研究しないのに自分がいいと言えるかな?
師匠

学ぶくん
実は他のページの方がおもしろいかもしれないから見ないふりしてた…

自分の思いや満足だけでは読者に支持されないよ。他のページと比べても絶対に負けない読んでくれた人が読んでよかったと評価したいページをしっかり作ろう!
師匠

 

ユーザーの行動フローを考える

重要度
キーワードを決めるフローの最後ですが、今一度、決めたキーワードでユーザーは思うよにアクションをするでしょうか?あらためて自分で検索してみて、あなたのキャッシュポイントまで行き着く流れになっているのかをしっかりと決めましょう。

学ぶくん
行動フロー?お客さんが勝手に読みたいページ読めばいいと思ってた!

読みやすい流れや読んで欲しい流れは意識して作るようにしよう!はじめて訪れたページがごちゃごちゃしていたらすぐ離脱してしまうよ。
師匠

 

タイトルを考える

重要度
次は検索結果でのユーザーのアクションに重要なつながりがある「タイトル」を決めます。こちらはGoogleなどで検索したときに少し大きな青い文字で出てくるところです。
タイトルタグ|SEOの学校
ここの魅力でクリックの有無が決まると言っても過言ではないのですが、クリックされるためにトリッキーなタイトルにすることはやめましょう。あくまでユーザーが探しているのは検索窓に打ち込むキーワードの答えです。それを本文で書くので、ここではしっかりと決めたキーワードを使ってタイトルを作るようにしておきましょう。

学ぶくん
何文字くらいがいいのかな?

だいたい30文字位が見やすいよ
師匠

 

ディスクリプションを考える

重要度
ディスクリプション(検索結果のタイトル下にある100文字程度のグレーの文です)は、そのページに何が書かれているかを「要約した一文」にしましょう。

こちらもタイトルと同じくトリッキーな文にはせず、決めたキーワードを使い書かれている内容の要約文を作るようにしましょう。

学ぶくん
ここは何文字くらい?

だいたい100文字位でいいよ
師匠

 

H1を考える

重要度
SEOを進めていくとよく聞く「H1」。これは簡単にいうと大見出しということです。雑誌やチラシなどでも見出しがあるとみやすいものです。Web上でもこの見出しを使うことによって、ユーザーに伝えたいことがより伝わるように工夫していきましょう。「H1」はどのブログサービスでもほぼ使いますので、必ず覚えておきましょう。ちなみに「タイトル」と「H1」が自動的に一緒になるブログやテンプレートなどもあります。

学ぶくん
大見出し!?なんかむずい〜

このページは何が書いてあるか?特化しているのは何かを考えるといいよ
師匠

 

強調タグを考える

重要度
上記の「H1(大見出し)」などもそうですが、SEO的にはいくつか「強調タグ」と呼ばれているものがあります。この強調タグを有効に使うことはSEOのテクニックではなく、あくまでお客さまの使いやすさ・読みやすさのためになりますのでぜひ使い方をマスターしておきましょう。

学ぶくん
他にはどんなのがあるの?

H2(中見出し)やH3(小見出し)、ストロングタグ(太文字)などがあるので適切に使うと見やすくなるよ
師匠

 

文字数はユーザーに伝えたいことが伝わればそれが正解とする

重要度
最後に本文の文字数です。この文字数に関しては、決めたキーワードの答えが書ききれて「伝えたいことが書けた」ではなくユーザーに「伝わったかどうか」でSEOの学校は判断しています。

つまりこれもデータで結果が出てくるので、適当に何文字くらいで書けばいいやというのは、あなたの納得できる文字数になっているのではないでしょうか?しかしユーザーに「伝わりきっていれば」少ない文字数でもページとしていい答え(数字のデータが出ている)になっているので、結果的にSEO的に評価は高くなります。ユーザーの深層心理をしっかり考えて作るようにしましょう。

学ぶくん
どうでもいいことで文字数増やしてた!

検索キーワードに対する答えをしっかり書くようにしよう
師匠

 

SEOの基礎的な抑えたいポイント2

さてここからは分析ツールだよ
師匠

学ぶくん
分析ツール???

Googleアナリティクスを入れる

重要度
さてここからは水掛け論を回避するためにはうってつけの無料ツール「Googleアナリティクス」を設置しましょう。

この「Googleアナリティクス」はユーザーがあなたのサイトにアクセスしてきてからの行動フローが丸わかりになりますので、必ず設置しなければなりません。

どこの検索エンジンやリンクから何人来て、どのページからサイトに入り、どのページを何人のユーザーがみてるか?どの商品をよく見ていって結果何を買ったのか?などなど欲しい情報がもう丸わかりです。

アナリティクスはお店でいうところのご来店後どんな商品を見たか?どれを買っていったかがまるっとわかるよ
師匠

学ぶくん
なんですと!!!

 

Googleサーチコンソールを入れる

重要度
こちらも必ず設置です。「Googleサーチコンソール」はアナリティクスと連動して使います。

Googleサーチコンソールは、ユーザーがまだあなたのサイトにアクセスする前にどのような行動をしているのかがわかります。

たとえばあなたが決めたキーワードは1日に何回検索されているのか?あなたのサイトのページ一つひとつがどんなキーワードで検索されて、今そのページは検索エンジンの何位なのか?なぜこのキーワードだとクリックされないのか?などなどユーザーがサイトにアクセスする前のさまざまな情報がまるっと手に入ります。そのデータを元に今後の改善プロセスを進めていくのが新規記事を投稿するよりも重要です。

サーチコンソールはお店でいうところのご来店前にどんな商品に興味があるのか?どんなものが欲しいのか?どんな悩みがあるのか?がまるっとわかるよ
師匠

学ぶくん
にゃんですとっ!!!

 

検索エンジンにインデックスさせる

重要度
抑えたいポイント最後は、せっかく作ったページが検索エンジンから集客できるようになっているかの確認です。

ユーザーに限らず、あなたも検索エンジンを使う場合は実は何かのデータベースを見ているということになります。

つまりGoogleであなたが検索した場合はGoogleがインターネット上で集めてきたサイト一覧をググって観ているということになり、マイクロソフトのbingなど世界中には大手検索エンジンがいくつか存在しています。

その各社のデータベースに乗ること=インデックスと言い、あなたのサイトがインデックスされていないことには、検索エンジンであなたのサイトは見つけられないというのがオチです。なのでページを作った際には「必ずインデックスされているかの確認作業まで」しましょう。インデックスされていないと、今後の改善作業が進まないどころかお客さまは検索エンジンからは来れません。

ブログを毎日書いていてもインデックスされていないページはすごく多いよ
師匠

学ぶくん
にゃにゃんでつとぉ!!!

でも逆にきちんと抑えるところを抑えれば、数字が分かっているのでお客さまにつながるよ
師匠

学ぶくん
気合より根性より楽でつね!

しっかりとデータ分析しながらSEOを学ぶなら「SEOの学校」基礎コースがオススメです。SEOはあなたのサイトへの投資ですので、しっかりサイトを育てて回収しなければいけません!

 

SEOの基礎的な改善点の見つけ方

狙ったキーワードをサーチコンソールでチェック

重要度
ここからは改善点の見つけ方です。最初にチェックして欲しいのは決めたキーワードがサーチコンソールに表示されているかどうかです。サーチコンソールに数字が出ている場合は、インデックスされていて・検索されているキーワードで・なおかつ順位も出ているということになります。

基本は常にここじゃないと物語は始まらないよ
師匠

学ぶくん
ここがデフォ!メモメモ

 

狙ったキーワードの表示回数を見てみよう

重要度
次に決めたキーワードがサーチコンソールで何回表示されているかを見てみましょう。表示回数というところを見るのですが、この回数はあくまで検索エンジン上で「表示された回数」なので、クリックされてあなたのサイトにアクセスされたわけではないのです。ですがまずは決めたキーワードが何回くらい表示されているかチェックするクセを身につけましょう。

表示回数が出てこないってなると健康バロメーターは黄色だよ
師匠

学ぶくん
え!?健康バロメーター???

 

狙ったキーワードのクリック数を見てみよう

重要度
次に決めたキーワードが何回クリックされているかみましょう。クリック数はそのままサイトへのアクセス数となりますので、最終的にこのクリック数が多くなることが1つの指標になると思います。

表示回数と比例することが多いよ
師匠

学ぶくん
ご来店大歓迎でつ!

 

SEOの基礎的な改善方法

狙ったキーワードのクリック数が少ない・またはクリックが無い場合

重要度
次は改善方法です。まず決めたキーワードの順位チェックと表示回数との兼ね合いもありますが、基本的に表示回数が出ていれば順位が低くても誰かしら検索エンジン上で観ている可能性が高いです。ここがわからない人多いので気をつけて欲しいのですが、たとえば順位が85位でサーチコンソールに出ていたらググった時に9ページ目までそのキーワードで観に行っているユーザーがいるということになります。

しかしクリックされていなければあなたのサイトへは来ていません。あくまで検索エンジンの一覧に載っていたあなたのサイトのタイトルとディスクリプションを見たかもしれないが、そのままスルーしたということになります。

なのでこの状況での改善方法は、表示はされていたがクリックされなかったということなのでタイトルとディスクリプションの改善が有効打です。

学ぶくん
なるほど!少し分かってきた気がする!

おお!少し分かってきたらすごいよ。コツコツなれると考えなくてもできるので焦らないでいいよ
師匠

 

狙ったキーワードの表示回数が少ない・または無い場合

重要度
表示回数が少ないというのは健康状態的にやばい状況なのでいくつか原因が考えられます。

1:インデックスされていないか?
2:インデックスはされているし検索回数もあるキーワードだが順位が低いか?
3:インデックスはされているがそもそも検索回数が極めて低いキーワードか?

だいたいその3点を疑いましょう。改善方法は、

1:インデックスされていない場合はインデックスを促進。
2:検索回数があるキーワードの場合は記事の改善点を検討し、順位を上げる。
3:そもそも検索回数が無いキーワードの場合はキーワードの選定からやり直し。

いたって単純です。

これをしっかりコツコツ間違えないように進めていけば、ユーザーが向こうからネギ背負ってぴょんぴょん来るのをデータでご覧いただけるでしょう。

学ぶくん
なるほど!なるほど!簡単!なんか苦手意識が自分の成長を止めてたっぽい…

どこからか勝手に苦手にしてる人は本当に多いけど、売上と直結するSEOは分かっちゃうとみんな辞めないんだよ笑 リアルなゲーム感覚でお金に直結するっておもしろいからね
師匠

学ぶくん
うん!素直に売上あげたい!気合いとか根性は続かないけどSEOは数字で把握できるからおもしろい!お金欲しい!ネギ背負ってぴょんぴょん観たい!

Web集客はまじめににコツコツ辞めなければ結果は付いてくるよ
師匠

 

狙ったキーワードも表示回数もサーチコンソールに出ていない

重要度
このケースの場合は第一に考えられるのはインデックスされているか?否か?です。健康状態で言えば心肺停止状態のサイトやページなので、しっかりケアしてあげましょう。大丈夫、蘇生はすぐ出来ます。

まずインデックスされているかの確認方法はいくつかありますが、一番簡単なのは確認したいページURLの最初の部分に「site:」をつけて検索してみましょう。

・インデックスされている場合は検索結果にページタイトルやディスクリプションが表示されます。

・インデックスされていない場合は「見つかりませんでした」とアナウンスが出るので改善が必要です。

簡単かつ今後のことを考えるとサイトマップというものをサーチコンソールに送信することがオススメです。インデックスの促進方法はいくつかありますが、記事更新や新規投稿の度に自動的にサイトマップをサーチコンソールに送信できるようにしておくと手間もかからず楽になります。

サイトマップの作り方リンク

学ぶくん
なんか勉強したら自分が強くなった気がする!

まあみんな知らないだけなんだけどね。Web集客の勉強ってみんな実はやったことないだけなんですよ。だから気づいた人ほど早く始めてるのだ
師匠

学ぶくん
うん!早くもっと勉強してブログのアクセス増やしたい!

そうだね!早く始めるとキーワードに対するライバルは全然いない事に気付くよ。先行者メリットは大きいんだよ。
師匠

 

基本を押さえたら今後やること

週に一度は必ずチェック

重要度
SEOの進め方がだいたいわかったらあとは週に1回程度は必ずサーチコンソールをチェックしましょう。もちろん時間のある方でしたら毎日チェックして要所要所を改善すれば目標成果にグングン進みます。またある程度繰り返すことにより慣れてくるので、流れに乗るとおもしろいように改善効果が現れます。注意点としては、方向性が間違っていないかを常に確認すること。間違っていたらユーザーのいない大海原にまっしぐらになっちゃいます。

 

改善の時は「SEOの基礎的な改善点の見つけ方+改善方法」のルーティーンで数字の上昇脈を見つける

重要度
キーワードがしっかりと決まっていれば、基本的にサーチコンソールで状況の把握と改善です。もちろん改善方法にはさまざまなやり方がありますが、基本的に上記に記載した流れで大丈夫です。アクセス数や売上目標などもしっかり決めて何おために進めているのかを把握しておきましょう。

 

新規の記事を書くときは最初から。

重要度
既存の記事の修正ではなく、新規で記事を書く場合はキーワードの選定のところからです。一通りの流れを理解するといかに最初のキーワードで今後が決まるかわかります。それを経験しあなたにとって素晴らしいキーワードをいかに早くたくさん見つけるかが、売上に直結するお宝キーワード&キーポイントになります。

学ぶくん
今日から勉強できまつか!!!

急に始めなくてもいいかもしれないので無料相談で現状を教えてくれるとアドバイスできるよ。
師匠

学ぶくん
無料相談!!!

もちろん誰もが勉強して欲しいけど、現実的に忙しくって1ヶ月にブログ1ページしか書けませんって方だと厳しいかな。ただ記事などのいわゆる作業にあたるのは外注もできるから、司令塔としての頭脳を身につけてくれれば大きな成果が出せるのもあるので、まずは相談しましょう
師匠

学ぶくん
なるほど!!!でもお高いんでしょ〜???

それは何と比べて?笑 たとえば今よりも5000円の商品が10個売れるようになったら利益を学費に回して、来月はさらに10%売上アップ、再来月も10%アップって考えて、半年で元をとるぞ〜とか考えてほしい。笑 そういうのを一緒に考えられない人は来なくていいです(きっぱり)
師匠

学ぶくん
仕事だもんね!Web集客やる!引きこもりでもできるし!笑

そう、ブログだって仕事だよ。お客さんがいるの。でもどこにいてもWeb集客ってできるのがいいよね。
師匠

 

その他もろもろ番外編

SEO的にワードプレスのテーマってどれがオススメ?

重要度
ここからはあるあるネタですが、この記事を読んでいただいた方でワードプレスを使われている方も多いと思います。ワードプレスはそこそこ使いやすくいい感じです。しかしワードプレスはインストールしただけではあんまり思うようなSEOの効果が期待出ません。あなたはワードプレスをしっかり使いこなしていますか?SEOの学校がオススメするワードプレスのテーマはWordPressテーマ 「WING(AFFINGER5)」です。このテーマは本当にSEO的によくできていますので、ライバルに一歩差をつけたい方には必須テーマです。カスタマイズ機能などが豊富な分ワードプレス初心者にはすぐにオススメできませんが、少しなれたら現状最強と言っても過言ではないと思います。

 

アメブロでも効果的なSEOってできるの?

重要度
無料ブログで人気のアメブロ。世間ではSEO的に良いとも悪いとも言われていてなんだかかわいそうですが、アメブロだってしっかり作れば大きな効果を産んでくれ、何より無料で楽しむことができます。しかしワードプレスと比べると注いだエネルギーに対しての反応は今ひとつかもしれません。さらにもう1つ大きな欠点は、SEO的なことよりも自分の所有物(独自ドメイン)ではないので将来的な資産にはならないということです。それも分かった上でアメブロ集客したい場合は活用してみてもいいでしょう。

 

アフィリエイターにこそ知ってほしいSEO

重要度
意外とブロガーよりもタチの良いアフィリエイターさん。私ももちろんアフィリエイターの一面を持っていますが、初心者アフィリエイターさんにこそSEOの知識を知っていただきたいものです。SEOの知識を知らずにどうやって検索エンジンからユーザーを効率的に呼び込むことができるのでしょうか?アドアフィリエイターでないのでしたらSEOは強くお勧めします。費用対効果と効率的な時間配分を考えましょう。

 

ブロガーにこそ知ってほしいSEO

重要度
ブロガーさんは意外と敷居が低いのか、人のコンテンツを勝手に使って自分のブログ記事にしている感じの方が多く見受けられます。写真を勝手に使ったとか文章のコピペなんかもあるようですが、SEOを学ぶことによって検索エンジン上でコピーコンテンツは百害あって一利なしとわかれば、ブログをみんなに見てもらいたいという気持ちと逆効果になってしまっているということに気づくはずです。これからプロブロガーを目指す方ならぜひしっかりとしたSEOを学び、アクセス数をしっかり稼いで広告収入を狙っていくとおもしろいのでお勧めです。

 

もっとSEOをしっかり学びたい方は基礎コースにお越しください

重要度
ここまで読んでいただき本当にありがとうございます。
私の主催しているSEOの学校は、会社勤めのWeb担当者はもちろん、経営者の方からブロガー・アフィリエイターの方と大変多くのWeb集客に関わる方にご支持いただけております。これからあなたもWeb集客という大きな販路を築きたいとお考えでしたらぜひ、SEOの学校の門を叩いてください。SEOでの集客は簡単でない分、しっかりと勉強は必要です。ですがまだまだ世間ではSEOで成功していない人は多い反面、Googleやヤフーは日々進化を続け、毎日新しいキーワードや商品が誕生しているのが現状なので、ライバルのいないキーワードでSEOがわかればこのチャンスはどれだけの富を生む山なのかとわかるはずです。あなたの自社商品でもアフィリエイトでも、Webに販路をいつでも築けるスキルをSEOの学校とともに身につけていただけたら嬉しいですね。

がっつり本気なら「SEOの学校」基礎コースに入学するべし

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
「seoの学校」校長先生

「seoの学校」校長先生

「seoの学校」校長です。誰にでもわかりやすく実感してもらえるSEOの学校を運営しています。こんなこと言うと嫌われますがSEOは毎日コツコツ日々精進が売上アップの最短ルートですよ。飛び級はございません。

-SEOの学校

Copyright© sonotamo.com , 2018 All Rights Reserved.